クルミン・ジャポンとは?

”クルミン”とはブラジル・アマゾン先住民族の言葉で子どもを意味します。

代表の定森は1992年よりブラジルに暮らし、その約半分はサンパウロに暮らしスラムでの活動を行い、残り半分の約10年をアマゾンの奥地で地元の人々と生活を共にしておりました。ブラジル各地の社会問題に草の根から取り組む経験から、ブラジルの社会・環境問題を解決するには

貧困の集中するアマゾン地域にて「森の番人」である農民たちが、彼らの愛する土地にて、森を壊さない農業を行い、収入を向上させることが、地域、ひいては国の問題解決につながると考え、2008年より環境的・経済的・社会的に持続可能なアグロフォレストリーの普及を始めました。

クルミン・ジャポンは、先住民族の人々が持つ伝統的な知恵と現代の科学を融合し、自然と人間の共存する社会の実現を通じて、次世代の「クルミン」達によりよい世界を手渡せることを目指しています。

​国内各所でアグロフォレストリーで生産されたアマゾン・カカオを使ったチョコレート作りワークショップを行っております。

この地域のカカオは、品種改良がされていない地域原産のカカオで、年に1回アマゾン川が運んでくる養分にのみよって育まれており、肥料も農薬も使われておりません。その希少なカカオの豆を剥くところからチョコレート作りを行います。

イタリアンとのコラボレーション、発酵ペアリング(発酵食品であるカカオやチョコレートは、同じく発酵食品である味噌や醤油、日本酒等ととても相性がいいです!)など、様々なイベントを行っています。

イベントでは、チョコレートを楽しむことに加えて、現地に密着した活動をしてきたクルミンならではの、

カカオ産地のお話をさせていただきます。

アマゾンの自然とは?
カカオはどのように栽培・プロセスされ、チョコレートとなるの?
カカオを作っているのはどんな人たちで、どんな生活を送っているの?

このチョコレートと食べることが、アマゾンにどうつながるの?

ひとかけらのチョコレートから広がる大きな世界を、ぜひ体験してみてください。

 

イベント情報の詳細・アップデートはFacabookでチェックしてください。

https://www.facebook.com/curuminjapao/

 

© 2015 by Curumin Japão. Proudly created with Wix.com

東京東京都 中央区 東日本橋2丁目 28番4 号

日本橋CETビル2階

 

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now